芸術家あんぎらす

 就職活動において、自己分析をするのも重要な活動の一つである。(←何様!?)

 大学院の先輩から『適正・適職診断』なるものを教えてもらいました。就職活動を迎える方々、またそうでない方々も、時間があればやってみてはどうでしょうか??

 こちらです→適性・適職 診断

 ちなみに僕の診断結果は以下の通りです。

 ・『夢見る』気質
 ・精神状況がいい時→心温かい・思いやりがある・表現力が豊か・独創的
 ・精神状況が悪い時→意気消沈する・自意識過剰・片意地・気まぐれ
 ・豊かな感性を持つ芸術家タイプ。音楽や芸術を愛し、エスプリに富んでいる。深い情愛で他人と接し、心温まる関係をつくることができる
 ・自分が周囲に理解されないと、自分を悲劇の主人公に仕立てて無気力で退廃的になり、殻に閉じこもってしまう場合もある
 ・自分の独創的な探求を支えるために、芸術や言語を手段とする音楽家、小説家、ジャーナリストなどの仕事に向いている

 …全然大学院でやってる事と関係ないじゃんwホント何になったらいいんだか…
[PR]

  by antacos | 2005-09-08 16:42 | 日記

<< USopen 2005 ベスト... HERO'Sの感想 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE